Java

【Java】while,do-while文の書き方

Java

Javaには、while文とdo-while文というループがあります。

繰り返し処理の一つであるwhile文は条件が「false」になるまで繰り返し処理を行ってくれます。

for文に頼りがちでwhile文が読みづらいというエンジニアはたくさんいると思ってます。

書き方は以下のような書き方でカッコ内{}がループ処理されます。

while (条件式) {
  // 繰り返し処理
}

実際のコード

以下にwhile文とdo-while文のサンプルコードを用意したので見ていきましょう。

 

while文

while文は、指定した条件がtrueの間、繰り返し処理を行います。

例えば、1から10までの整数を出力する場合は、以下のように書きます。

int limit = 10;
while (limit --> 0) {
  System.out.println("残り : " + limit);
}

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        int i = 1;
        while (i <= 10) {
            System.out.println(i + " ");
            i++;
        } 
    }
}
// 実行結果
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10

do-while文

こちらはまず実行してから条件式の判定を行う。

do-while文は、まず一度処理を行い、その後に条件を判定します。条件がtrueの場合、再度処理を繰り返します。以下は、do-while文の書き方です。

do {
  // 繰り返し処理
} while (条件式);

例えば、1から10までの整数を出力する場合は、以下のように書きます。

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        int i = 1;
        do {
            System.out.println(i);
            i++;
        } while (i <= 10);
    }
}
// 実行結果
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10

do-while文は、最低でも1回は処理を実行することが保証されるため、必要に応じて使用します。

注意点

while文は条件がfalseになるまで処理を行い続けますが、

一生falseになることなく周り続けてしまって

無限ループを引き起こす可能性があるので注意しましょう。

最後に

while, do-while文を使った処理について解説しましたが

ループ処理を回し続けることはレスポンスが悪くなるため

必要であれば処理を中断させましょう。

ループ処理の中断についての解説はこちらから

スポンサーリンク
在宅最高思想のエンジニア