プログラミング基礎

【プログラミング入門】演算子について

プログラミング基礎

演算子について記載します。

算術演算子

その名の通り、計算を主に行います。

種類説明
+足し算や文字の結合
引き算
*掛け算
/割り算(余り部分は省略)
%剰余(割り算結果の余りのみ)

「%」(割り算の余り)の具体的な使い方ですが、

よく使用されるのが奇数、偶数の判定に使われます。

public class Main {
	
	public static void main(String[] args) {
		int num1 = 3;
		int num2 = 4;

		System.out.println(num1 + 1); // 4
		System.out.println(num1 - 1); // 2
		System.out.println(num1 * 2); // 6
		System.out.println(num1 / 3); // 1
		System.out.println(num1 % 2); // 1 ←num1が奇数と判定できる
		System.out.println(num2 % 2); // 0 ←num2が判定できるだと判定できる
	}
}
実行結果:
4
2
6
1
1
0

  

算術演算子の優先順位

数学でよくある「 1 + 2 * 3 + 4」といった掛け算は先に計算しようね。と

学生時代に先生に言われた通り、プログラミングでも同様です。

  

文字列結合演算子

文字列と文字列を結合するための演算子で

加算演算子と同じ記号の「+」を使用します。

public class Main {
	public static void main(String[] args) {
		String str1 = "あいう";
		String str2 = "えお";

		System.out.println(str1 + str2);
	}
}
実行結果:
あいうえお

  

代入演算子

右辺の内容を左辺に代入する場合に使用します。

演算子 書き方 説明
=a = 5 aの中身は5
+=a += 1 a = a + 1と同様の動きになります
-=a -= 2a = a – 2と同様の動きになります
*=a *= 2a = a * 2と同様の動きになります
/=a /= 2a = a / 2と同様の動きになります
%=a %= 2a = a % 2と同様の動きになります

インクリメント・デクリメント

演算子 書き方 説明
++a++値を1増やす
a– 値を1減らす
スポンサーリンク
在宅最高思想のエンジニア